お知らせ

野口健×藤巻亮太 TALK&LIVE in Mt.FUJIのライブ会場&数量限定グッズを製作

10月5日(日)ふじさんホール(山梨県富士吉田市)にて、世界的なアルピニストである野口健さんと、ミュージシャンの藤巻亮太さん(レミオロメン)のトーク&ライブが開催されます。
http://www.fujimakiryota.jp/talklive_mtfuji/

カガヤカでは、ライブ会場&数量限定のオリジナルグッズとして、山梨の地場産業を活かし「傘生地のバッグ」を提案&製作させていただきました。

knrfwebphotoss

このバッグは、全国でも有数の織物産地である山梨県富士北麓地域にて、江戸末期(1866年)から先染めの傘生地の生産を行っている「槙田商店」の生地で製作しました。 同社ならではの美しい光沢があり、見る角度によって色の変化が楽しめる「シャンブレー」という織りから生まれた、高級な傘生地を利用しています。
色は、二人の富士山への想いと様々な活動へ懸ける情熱を表現した「PASSION(パープル)」と、富士山を彩る美しい自然を表現した「FOREST(グリーン)」の2色。それぞれに今回のライブのロゴマークと富士山が刺繍されています。コンパクトに折り畳むことができ、持ち運びにも便利です。

また、チャームとして付属する富士山の形をイメージしたピックは、日本一の生産量を誇るフルーツ王国山梨の、葡萄の古木を再利用。果樹を育てる役目を終え、廃棄される運命にある樹々を回収し、その特性を活かした製品作りを行っている「工房七丸」にて、職人が一つ一つ丁寧に製作しています。

富士山をバックに二人の姿が描かれたオリジナルカードも付属しています。

通常のバッグとしての使用はもちろんですが、元々傘用に織られた生地なので、急な雨などの時にバッグ in バッグとしても使用できます。すべての工程が山梨で作られたバッグは、きっと、富士山を感じ、音楽を感じ、そして山梨を感じることができるはずです。

富士北麓地域で織られた 傘生地のバッグ & 葡萄の木で作った富士山形ピック」

10/5(日)ふじさんホールのみでの会場&数量限定販売  ¥4,500(税込)

サイズ:310×310mm

傘生地:槙田商店 http://www.makita-1866.jp
葡萄の木のピック:工房七丸・Jun & Company http://www.7maru.jp

プロデュース&デザイン:カガヤカ

↑ページトップへ